ナイト    デッドミッション    ナイトシステム   
MT4スピード注文 トップ ダウンロード 購入 キャンペーン ヘルプ お問い合わせ

ナイトシステム MT4スピード注文 オンラインヘルプ トレール

オンラインヘルプ

トレール

トレール(トレーリングストップ)とは、価格が有利な方向に動いたとき逆指値を自動で修正する注文方法です。

トレールの概要

ドル円のロング(買ポジション)に対してトレールを適用した場合について説明します。
ドル円が上昇すれば、利益を多く確保できるよう、上昇に追随して逆指値を切り上げていきます。
相場が下落に転じれば、逆指値注文を執行してポジションを決済します。

MT4スピード注文のトレールの仕組み

MT4スピード注文のトレールは、以下の図のような仕組みになっています。
画面アプリから、トレールを適用すると、設定ファイルにトレール情報が保存されます。
EAが設定ファイルのトレール情報を元にして逆指値がポジションにリアルタイムで反映させます。
画面アプリが起動していなくても、MetaTraderが起動していて、EAが動いていれば、逆指値はポジションに反映されます。


MetaTraderデータフォルダは、MetaTraderメニューの「ファイル」→「データフォルダを開く」から開けます。

MT4スピード注文のトレールの注意事項

MT4スピード注文のトレールを使う場合は、以下の注意事項を理解した上で使用するようにお願いいたします。

  • トレールはサポート対象外機能のため、仕様確認や使い方のサポートはできません。
    不具合報告は受け付けますがフィードバックはありません。
    動作保証はしておりません。
    正常に機能しない場合でも修正できないことがありますのでご注意ください。
  • 「MT4スピード注文のトレール」は「MetaTrader標準のトレール」とは異なる機能として実装してます。
    逆指値適用はEAにて独自に行っています。
    両方のトレールを同時に使用しないでください。
  • トレールはEA(SpeedMT4.ex4またはSpeedMT4.ex5)が処理しているため、MetaTraderの停止中はポジションに対して逆指値は適用されません。
    トレール使用中はMetaTraderを常時起動状態にしてください。
  • トレールの設定は、「【MetaTraderデータフォルダ】\MQL4(MQL5)\Files\SpeedMT4\Trail\【ログインID】.txt」に保存されます。
    異なる口座において、ログインID(口座番号)が重複する場合は、設定ファイルが競合してしまいます。
    例えば、A社のログインIDが「183027」でB社のログインIDが「183027」のときです。
    同一のMetaTraderに対して、別のログインIDでログインし直したときに問題が発生します。
    このようなケースは稀だとは思われますが、万が一ログインIDが重複する場合は MetaTraderを分けて運用してください。
  • トレールを取り消したい場合は、画面アプリから取り消すことができます。
    しかし、プレミアムライセンスの有効期限切れによって、画面アプリからトレールを取り消せなくなる可能性があります。
    その場合はMetaTraderを停止させてから「MetaTraderデータフォルダ】\MQL4(MQL5)\Files\SpeedMT4\Trail\【ログインID】.txt」 を手動で削除してください。
  • 以下トレールの逆指値適用方法において
     ・リアルタイム(ティック変動ごと)
     ・1分足が切り替わったときの価格を使用
     ・1分足が切り替わったときの1本前の高値安値を使用
    上記適用方法はEA(SpeedMT4.ex4/.ex5)が適用されているチャートの価格変動が使用されます。
    例えば、EAが適用されているチャートの通貨ペアがUSDJPYで、トレールが適用されているポジションの通貨ペアがBTCJPYとします。
    このときUSDJPYの価格変動のタイミングでBTCJPYのポジションのトレールに対して処理されます。
    日曜日の日本時間はUSDJPYのチャートは止まっているため、BTCJPYに逆指値は適用されなくなります。
    この問題を回避するにはトレールの逆指値適用方法に「タイマー」をご利用ください。
  • トレールはEAが自動で逆指値注文を頻繁に行います。
    そのタイミングはトレール逆指値適用方法において選択した方法となります。
    例えば「リアルタイム(ティック変動ごと)」を選択した場合は、ティック変動ごとに、逆指値の変更が必要かどうかを判定し、必要であれば逆指値を適用する注文を行います。
    頻繁に行う注文がサーバーに与える負荷に関しましてお客様にて判断してください。
    MetaTraderのエキスパート(または操作ログ)に注文ログが表示されますので参考にしてください。
    V1.58にてサーバー負荷対策としてトレールの逆指値注文の失敗回数が上限に到達したときトレール停止機能が実装されました。
  • トレールのpips値が狭すぎると逆指値の適用に失敗します。
    逆指値が未適用のとき、トレール逆指値適用方法のタイミングで逆指値を適用する注文失敗を繰り返します。
    そのためサーバーに負荷がかかる可能性あります。
    MetaTraderのエキスパート(または操作ログ)を確認して逆指値が正常に適用されているかをご確認ください。
    V1.58にてサーバー負荷対策としてトレールの逆指値注文の失敗回数が上限に到達したときトレール停止機能が実装されました。
  • トレール情報はポジションの注文番号(チケット番号)に紐付いて保存されます。
    そのため、ポジションを部分決済したとき、ポジションの注文番号が変わる業者では、トレールが解除されます。
    部分決済後、トレールを再適用してください。

トレールの注文方法

MT4スピード注文のトレールの注文方法について説明します。

メニューボタン(画面右上のメニューアイコン)をクリックし、メニューから「オプション...」を選択します。
設定画面(オプション画面)が起動するので、「ポジションビュー」タブをクリックします。
「「トレーリングストップの設定」を表示する」をオンにします。
OKボタンをクリックして設定画面を閉じます。




ポジションビューを表示します。
トレールを適用したいポジションを選択します。(チェックボックスをオン、複数選択可能)
画面右上のトレーリングストップのテキストボックスにトレール幅(pips)を設定します。
(テキストボックスに0を指定して適用ボタンをクリックしたときはトレーリングストップが取り消されます)
トレーリングストップの適用ボタンをクリックします。
リストビューのトレーリングストップの項目にトレール幅(pips)が表示されれば成功です。


トレールの逆指値適用方法はEA変数から設定します。
EA変数の設定画面はMetaTraderのSpeedMT4.ex○が適用されているチャート右上のアイコンをクリック(MT5はダブルクリック)することによって表示させることができます。
EA変数の「【プレミアム】トレールの逆指値適用方法」を設定してください。
(V1.57以前はEA変数の名称は「【プレミアム】トレールを適用する方法」です)


トレールの逆指値をポジションに適用する方法は以下の5つから選ぶことができます。
 ①適用しない
 ②リアルタイム(ティック変動ごと)
 ③1分足が切り替わったときの価格を使用(デフォルト設定)
 ④1分足が切り替わったときの1本前の高値安値を使用
 ⑤タイマー(V1.58以上で使用可能)
上記②~④はEA(SpeedMT4.ex4/.ex5)が適用されているチャートの価格変動が使用されます。(上記注意事項をご覧ください)
③④の場合は、逆指値をポジションに適用するタイミングは、1分に1回となります。
リアルタイムで適用したい場合は②を選択してください。(リアルタイムはサーバーに負荷が掛かる可能性があります)
⑤はタイマー間隔で逆指値をポジションに適用します。
タイマーでは同じティックは1度だけの逆指値適用となります。(失敗したときも適用したとみなします)
そのためティックが止まっているとき、繰り返して逆指値適用するのを防ぐことができます。
タイマー間隔はEA変数「【プレミアム】】トレールの逆指値適用方法がタイマーのときのタイマー間隔」にて設定してください。(タイマー間隔が狭いとサーバーに負荷が掛かる可能性があります)
デフォルトのタイマー間隔は1秒です。
①を選択すると、トレール注文した直後を除き、トレールがポジションに適用されなくなるのでご注意ください。
適用方法によってはサーバーに負荷が掛かる可能性がありますのでお客様にて判断をお願いいたします。

トレールを開始する条件

※本機能はV1.58以降にて利用が可能です。(V1.57以前はEA変数にて設定する仕様でした)

トレールを開始する条件を設定することができます。
条件はトレールを開始するポジションのpips損益を指定します。
例えば、下図では、利益が8pips以上になったときにトレールを開始しています。


トレールを開始する条件を有効にするには、以下赤枠のチェックボックスをオンにして、テキストボックスに「8」と設定して適用ボタンをクリックします。 (トレールのpipsと同時適用されます)
利益が8pips以上になったときにトレールが開始されます。



V1.57以前では、以下EA変数からトレール開始条件を設定する仕様となっていました。
 ①【プレミアム】トレール(トレーリングストップ)を開始する条件を有効にするかどうか
 ②【プレミアム】トレール(トレーリングストップ)を開始するポジションのpips損益
V1.58以上では、互換性のため「注文画面からの設定」と「EA変数からの設定」の両方を使用できます。
両方使用すると設定がかぶってしまうため、①をfalseにして、注文画面からトレール開始条件を設定してください。
(①をfalseにする以外に「【プレミアム】注文画面からトレール適用したとき上記設定の開始条件と終了条件を継承するかどうか」をfalseに設定する方法もあります)
(「注文画面からの設定」と「EA変数からの設定」の両方から設定した場合は、注文画面の設定値が優先されます)

トレールをやめる条件(ブレイクイーブン)

※本機能はV1.58以降にて利用が可能です。(V1.57以前はEA変数にて設定する仕様でした)

トレールをやめる条件を設定することができます。
条件はトレールをやめる逆指値の位置(建値からのpips幅)を指定します。
例えば、下図では、逆指値が建値(ブレイクイーブン)に到達したタイミングでトレールをやめています。


トレールをやめる条件を有効にするには、以下赤枠のチェックボックスをオンにして、テキストボックスに「0」と設定して適用ボタンをクリックします。 (トレールのpipsと同時適用されます)
逆指値が建値(ブレイクイーブン)の位置に到達したらトレールをやめることができます。
逆指値が建値から10pips利益が出た位置でトレールをやめる場合は、「10」と設定してください。



V1.57以前では、以下EA変数からトレール終了条件を設定する仕様となっていました。
 ①【プレミアム】トレール(トレーリングストップ)をやめる条件を有効にするかどうか
 ②【プレミアム】トレール(トレーリングストップ)をやめる逆指値の位置(建値からのpips幅で指定)
V1.58以上では、互換性のため「注文画面からの設定」と「EA変数からの設定」の両方を使用できます。
両方使用すると設定がかぶってしまうため、①をfalseにして、注文画面からトレール終了条件を設定してください。
(①をfalseにする以外に「【プレミアム】注文画面からトレール適用したとき上記設定の開始条件と終了条件を継承するかどうか」をfalseに設定する方法もあります)
(「注文画面からの設定」と「EA変数からの設定」の両方から設定した場合は、注文画面の設定値が優先されます)

トレールの逆指値注文の失敗回数が上限に到達したときトレール停止機能

本機能はV1.58にて実装されました。
EAにおいてトレールの逆指値注文の失敗回数が上限に到達したとき逆指値注文を停止する機能です。
逆指値注文失敗時の繰り返し注文が限定されるためサーバー負荷を抑制する効果があります。
例えば、トレール幅が狭すぎると逆指値注文に失敗します。
本機能はデフォルトでは有効になっています。(EA変数にて有効/無効を設定可能)
あるポジションの逆指値注文の失敗回数が3回を超えると逆指値注文を停止します。
失敗回数のカウントはポジションごとに管理されます。
失敗回数は60分ごとに自動でリセットされます。
注文画面からトレール注文(適用ボタン/取消ボタン)を出したタイミングでも失敗回数はリセットされます。
拡張機能[トレール失敗回数リセットボタン]を使ってリセット回数をリセットすることも可能です。
失敗回数がリセットされるとEAからの逆指値注文が再開されます。
「失敗回数の上限」と「リセット周期」はEA変数にて変更できます。



ナイトシステム MT4スピード注文 オンラインヘルプ トレール