ナイト    デッドミッション    ナイトシステム   
MT4スピード注文 トップ ダウンロード 購入 キャンペーン ヘルプ お問い合わせ

ナイトシステム MT4スピード注文 オンラインヘルプ よくあるご質問

オンラインヘルプ

よくあるご質問

MT4スピード注文のよくあるご質問のページです。

プレミアムとベーシック 共通のQ&A

MT4(MT5)とMT4スピード注文が接続できなくなりました。
よくある原因として考えられるのがMT4(MT5)の自動売買が無効になっている可能性があります。
自動売買が有効の状態ではチャートの右上のアイコンが以下のようになります。
・MT4をお使いの場合 顔マークがニッコリになる
・MT5をお使いの場合 チャート右上のアイコンが水色になる
自動売買が有効になってない場合は、自動売買を有効にしてください。
新規注文をすると「サーバがEA不許可」というエラーが表示されて注文に失敗します。
このエラーが発生する原因は、業者側のトレードサーバーでEAやスクリプトによる自動売買が禁止されているからです。
GEMFOREXのノースプレッド口座(MT4)やOANDA JAPANのベーシックコースが該当します。
EAによる自動売買が禁止されている口座ではMT4スピード注文での注文はできません。
新規注文をすると「サーバの自動取引が無効化」というエラーが表示されて注文に失敗します。
このエラーが発生する原因は、業者側のトレードサーバーでEAやスクリプトによる自動売買が禁止されているからです。
GEMFOREXのノースプレッド口座(MT5)が該当します。
EAによる自動売買が禁止されている口座ではMT4スピード注文での注文はできません。
新規注文をすると「トレードが無効設定」というエラーが表示されて注文に失敗します。
このエラーが発生する原因のひとつとして考えられるのが、注文した通貨ペアは業者によって無効にされていることです。
取引口座によっては使用できる通貨ペアが「USDJPY.」「USDJPYmicro」「USDJPY-cd」のように通貨ペアの後ろに文字が付いている場合があります。
この場合「USDJPY」は無効設定されているため注文するとエラーが発生します。
通貨ペアの一覧に「USDJPY.」「USDJPYmicro」「USDJPY-cd」等が見当たらない場合は、MT4の「気配値表示」を右クリックし「すべて表示」を選択してください。
現在ログインしている取引口座の取引可能な通貨ペアが全て表示されます。
MT5で両建ポジを全決済すると「不正または禁止された注文の種類」とエラーが表示されて注文に失敗します。
両建ポジを全決済するときの「相対クローズ」が業者によって禁止されていることが原因として考えられます。
FXGTのMT5口座にてこのエラーが発生することが確認できてます。
EA変数の「 【共通】ヘッジングシステムで両建てポジションの相対クローズを有効にするかどうか」をfalseに設定してください。
相対クローズではなくて、通常の決済方法が使用されるため、両建ポジの全決済注文が通るようになります。
複数通貨ペアを含む全部のポジションを一括して決済する方法はありますか?
通貨ペアからALLを選択して、全決済ボタンをクリックすれば、全部のポジションを一括して決済します。
アプリの動作が不安定になりました。どうすればよいですか?
まずはアプリとMT4(MT5)を再起動してみてください。
・MT4スピード注文の画面アプリ(SpeedMT4.exe)を再起動
・MT4(MT5)を再起動

次にWindowsを再起動して動作をご確認ください。

上記でも改善されない場合は以下を試してみてください。
・MT4スピード注文を最新にアップデートしてみる。
・同じパソコンに2個目のMT4(MT5)をインストールしてMT4スピード注文を動かしてみる。
・MT4スピード注文をアンインストールしてからもう一度セットアップ(インストール)してみる。
MT4スピード注文の不具合(バグ)が見つかりました。
サポートまでお問い合わせいただけましたら修正を検討します。
修正の条件として、作者の環境でも不具合が再現できることが絶対条件となります。
そのため、不具合を再現できる手順をできるだけ詳しく教えてください。
MT4(MT5)やWindowsが原因とされる不具合は修正できない可能性があるためあらかじめご了承ください。
MT4スピード注文の設定はどこに保存されますか?
MT4スピード注文の設定フォルダは、メニューボタン(画面右上のメニューアイコン)をクリックし、メニューから「設定ファイルの保存フォルダを開く...」を選択すると、保存場所が開きます。
設定フォルダの中の Configuration.xml 、WindowInfo.xml、Automation.xml が設定ファイルとなります。

Configuration.xml:オプション画面(設定画面)で設定した内容が保存されます。
WindowInfo.xml:ウィンドウ位置、ウィンドウサイズなどが保存されます。
Automation.xml:オートメーションのタスク一覧が保存されます。
MT4スピード注文の設定ファイルの保存フォルダを変更することは可能ですか? (上級者)
SpeedMT4.exeと同じフォルダ下にあるApplicationInitialize.xmlをテキストエディタで開いてください。
XML要素のConfigurationPath、WindowInfoPath、AutomationPathに設定ファイルのフルパスが定義されています。

デフォルトでは以下のようになっています。
※{ApplicationData}は「C:\Users\【ユーザー名】\AppData\Roaming」を意味します。

<ConfigurationPath> {ApplicationData}\SpeedMT4\Configuration.xml </ConfigurationPath>
<WindowInfoPath> {ApplicationData}\SpeedMT4\WindowInfo.xml </WindowInfoPath>
<AutomationPath> {ApplicationData}\SpeedMT4\Automation.xml </AutomationPath>

以下のように設定すると、SpeedMT4.exeと同じフォルダに設定ファイルが保存されるようになります。
※{StartupPath}は「実行ファイル(SpeedMT4.exe)と同じフォルダ」を意味します。

<ConfigurationPath> {StartupPath}\Configuration.xml </ConfigurationPath>
<WindowInfoPath> {StartupPath}\WindowInfo.xml </WindowInfoPath>
<AutomationPath> {StartupPath}\Automation.xml </AutomationPath>

以下のように絶対パスで指定することも可能です。

<ConfigurationPath> C:\SpeedMT4\Configuration.xml </ConfigurationPath>
<WindowInfoPath> C:\SpeedMT4\WindowInfo.xml </WindowInfoPath>
<AutomationPath> C:\SpeedMT4\Automation.xml </AutomationPath>
設定を分けて複数の画面を起動することは可能ですか?(フォルダ分割方式、全バージョン対象)
「FX用」「仮想通貨用」のように設定を分けて起動することが可能です。
パッケージ(SpeedMT4-1.○.zip)を解凍するとフォルダが作成されますが、これを2つ作成して、フォルダ名をSpeedMT4(1)、SpeedMT4(2)とします。
2つのフォルダの中にあるApplicationInitialize.xmlをこちらのファイルに置き換えてください。
設定ファイル(Configuration.xml、WindowInfo.xml、Automation.xml)はSpeedMT4(1)とSpeedMT4(2)の直下にそれぞれ保存されるようになります。
つまりSpeedMT4(1)とSpeedMT4(2)とで設定を分けることができます。
設定を分けて複数の画面を起動することは可能ですか?(バッチファイル起動方式、V1.57以上対象)
パッケージ同梱のバッチフィル「設定を分けて画面を複数起動.bat」を実行すると設定を分けて画面を複数起動可能です。
本バッチファイルはV1.57以上のパッケージに同梱されています。
デフォルトの起動数は3画面ですが、スクリプトの行頭の「rem」を外せば起動数を増やすことができます。
選択できる通貨ペアが少ないです。
MT4スピード注文から選択できる通貨ペアは、MT4(MT5)の気配値表示にある通貨ペアとなります。(並び順も同じです)
MT4(MT5)の「気配値表示」を右クリックし「すべて表示」を選択してください。
別のライセンスで認証し直すことは可能ですか?
可能です。
例えば、ベーシック試用版ライセンスで認証したのを、プレミアム製品版ライセンスで認証し直すといったことが可能です。
やり方は、まず、メニューボタン(画面右上のメニューアイコン)をクリックし、メニューから「ライセンス...」を選択します。
ライセンスの画面が起動するので、解除ボタンをクリックしてライセンス認証を解除し、新しいライセンスで認証してください。
PCを変えるときライセンス認証の移行はどうしますか?
PCを変えるときのライセンス認証の移行は以下の手順となります。

①移行前のPCにてライセンス認証を解除してください。

メニューボタン(画面右上のメニューアイコン)をクリックし、メニューから「ライセンス...」を選択します。
ライセンスの画面が起動するので、解除ボタンをクリックしてライセンス認証を解除してください。

※PCが壊れて起動しないなど、ライセンス認証が解除できないときは、解除する必要はございません。

②新しいPCにてライセンス認証をしてください。

サーバー通信に失敗してライセンス認証エラーになります。
サーバーとの通信に失敗してライセンス認証エラーとなることがあります。(下記画像参照)
まずは、インターネットに接続されているか確認してください。
インターネットに接続されていてもエラーが発生するときは、サーバー側の問題が考えられます。
その場合は、サーバーに接続しない認証方法をご案内いたします。
ただし、サーバーに接続しない認証方法のご案内は、プレミアムご利用のお客様限定とさせていただいてます。
プレミアムご利用のお客様はサポートまでお問い合わせください。
※Windows7をご利用の場合、.NET Framework 4.5.2をインストールするとエラーが改善するケースがあります。

「構成ファイル(Configuration.xml)の初期化に失敗しました。」と表示されアプリが起動できません。
Configuration.xml(構成ファイル)が破損している場合、このようなエラーが発生します。
Configuration.xmlを削除してアプリを起動してください。
Configuration.xmlのデフォルトのパスは以下となります。

C:\Users\【ユーザー名】\AppData\Roaming\SpeedMT4\Configuration.xml

※設定ファイルのフォルダを表示する場合、Windowsキー+Rキー を押して、「ファイル名を指定して実行」を起動し、 「%APPDATA%\SpeedMT4」と入力してOKボタンを押すと、簡単に表示できます。

画面アプリ(SpeedMT4.exe)を起動したままWindowsを終了したとき、Configuration.xmlが破損する可能性があります。
破損を回避するため、Windowsを終了する前に画面アプリを終了してください。

※V1.43において破損時の自動復元を実装しました。
「ウィンドウ情報ファイル(WindowInfo.xml)の初期化に失敗しました。」と表示されアプリが起動できません。
WindowInfo.xml(ウィンドウ情報ファイル)が破損している場合、このようなエラーが発生します。
WindowInfo.xmlを削除してアプリを起動してください。
WindowInfo.xmlのデフォルトのパスは以下となります。

C:\Users\【ユーザー名】\AppData\Roaming\SpeedMT4\WindowInfo.xml

※ウィンドウ情報ファイルのフォルダを表示する場合、Windowsキー+Rキー を押して、「ファイル名を指定して実行」を起動し、 「%APPDATA%\SpeedMT4」と入力してOKボタンを押すと、簡単に表示できます。

画面アプリ(SpeedMT4.exe)を起動したままWindowsを終了したとき、WindowInfo.xmlが破損する可能性があります。
破損を回避するため、Windowsを終了する前に画面アプリを終了してください。

※V1.43において破損時の自動復元を実装しました。
アプリを起動するとデスクトップのどこにも画面が表示されません。
アプリを起動するとデスクトップのどこにもアプリの画面が表示されないことがあります。
タスクバーにはMT4スピード注文のアイコンは表示されており、アプリが起動している状態になっています。
これは前回アプリを終了したときの座標位置が見えなくなってしまったことが原因です。
マルチモニタを使用しているとき、モニタを減らしたり、モニタの位置を変更したりしたときに発生します。
対応方法として、MT4スピード注文が終了している状態で、バッチファイルの「画面位置を復元せず起動.bat」を実行してください。
バッチファイルは、製品パッケージの中に入っています。
バッチファイルを実行すると、見える位置にアプリが起動します。
まれにタイトルバーだけのサイズで起動する場合があるので、外枠をドラッグアンドロップしてウインドウサイズを変更してください。

※アプリが消える問題はV1.46にて修正しました。
アプリを起動すると「AppManager.dllがみつかりません。」と表示され起動できません。
AppManager.dllがみつからない原因としまして以下の2つのケースがあります。

【ケース1】
通常、実行ファイル(SpeedMT4.exe)と同じフォルダにAppManager.dllというファイルがありますが、セキュリティソフトがAppManager.dllを削除してしまった可能性があります。
セキュリティ機能を一時的にオフにして、パッケージ(SpeedMT4-1.○.zip)に入っているAppManager.dllをSpeedMT4.exeと同じフォルダにコピーしてください。
コピー後、SpeedMT4.exeを実行して正常に起動するかをご確認ください。
セキュリティソフトが原因の場合は、AppManager.dllを許可リストに登録してください。


【ケース2】
SpeedMT4.exe本体をデスクトップにコピーして、デスクトップにあるSpeedMT4.exeを実行したとき本エラー発生します。
以下の起動方法は正常に起動します。
・パッケージのSpeedMT4-1.○.zipを展開して、展開したフォルダ内からSpeedMT4.exeを実行したとき。
・展開したフォルダ内のSpeedMT4.exeのショートカットをデスクトップに作成して、ショートカットを実行したとき。

デスクトップからスピード注文を起動したい場合は、下図の方法でデスクトップにショートカットを作成してください。


複数のMetaTrader(MT4/MT5)で使用することは可能ですか?
複数のMetaTrader(MT4/MT5)で使用することは可能です。
使用できるMetaTraderの数に制限はありません。
まず、各MetaTraderのチャートにEA(SpeedMT4.ex4/SpeedMT4.ex5)を適用し、自動売買を有効にしてください。
EAを適用しますと下図の赤枠のドロップダウンから接続するMetaTraderが選択できるようになります。


プレミアムのQ&A

MT4で拡張機能の [○○の損益] が正しく表示されません。
MT4において、拡張機能の損益表示機能([総損益] [今年の損益] [今月の損益] [今週の損益] [本日の損益] [昨日の損益])は、MT4のターミナルの口座履歴に表示されている項目のみ集計対象になります。
本機能を利用する場合、MT4の口座履歴の表示を「全履歴」に設定してください。
MT5の場合は全履歴に設定する必要はありません。
MT4で履歴検索が全部表示できません。
MT4において、履歴検索機能は、MT4のターミナルの口座履歴に表示されている項目のみ検索対象になります。
本機能を利用する場合、MT4の口座履歴の表示を「全履歴」に設定してください。
MT5の場合は全履歴に設定する必要はありません。
拡張機能の[取引可能数量]が正しく表示されません。
拡張機能の[取引可能数量]は目安ですので口座や通貨ペアによっては正しい数量が表示されないことがあります。
気になるようでしたら[取引可能数量]は非表示にしてください。
履歴検索の約定価格と決済価格の小数点以下が正しく表示されません。
履歴検索で「MetaTraderの気配値表示に表示されていない通貨」を検索すると約定価格と決済価格の小数点以下が正しく表示されません。
MetaTraderの「気配値表示」を右クリックし「すべて表示」を選択してください。

気配値表示を「すべて表示」に変更した後、MetaTraderを再起動してください。
(履歴検索のキャッシュが残っているため、気配値表示を「すべて表示」にした直後では、反映されない可能性があります)



ナイトシステム MT4スピード注文 オンラインヘルプ よくあるご質問